NEW POST

スウェーデンの部屋: 00年代

f0237712_18573367.jpg
長らく更新があいてしまいましたが、気をとりなおしてスウェーデンの部屋シリーズを続けていこうと思います。

さて、今回はスウェーデンの2000年代の部屋です。おそらく10代~20代の女の子の部屋をイメージしているもと思われます。部屋全体がピンク、白、光沢、Bling Blingで華やかにまとめられています。ワードローブはこの時代のシンプルで大きさの割に圧迫感の少ないタイプ。IKEAをはじめとして、あらゆるメーカーから似たようなモノが多く出ていますね。スウェーデンや北欧の家具メーカーに限らず、世界的に広く浸透しているデザインですね。 このワードローブもそうですが、2000年代になると一層、流行というものは世界規模で一気に浸透するので、部屋を見ただけでは案外、個性って出にくくなるものだよなぁと思うのです。

少しだけスウェーデンらしさが出ているアイテムに注目してみましょう。ドレッサーの上に飾られている大きなマニキュアを模したガラスのオブジェは、Kosta Boda社の若手デザイナーÅsa Jungneliusによる「Make up Series」の1つ。実物を見るとわかりますが、大体どれも高さが50cm程度あるかなり大型のガラス作品です。マニキュア瓶や口紅など女性らしさを象徴するアイテムを、ガラスのつややかな質感を活かして上手に表現しているところが秀逸です。

天井からぶら下がるランプはどこのものだったかな?? IKEAのモノではなかったかと思いますが、確信がありません。とはいえ、このような雰囲気のモノもまたこの当時~現在にいたるまで数多く発表されているので、もはや個性は感じません。

このお部屋の主は、パーティーガールなのかなぁ?



楽しんでいただけましたら、クリックで応援をお願いします♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ

[PR]
by minasamlingar | 2011-03-09 19:14 | Others

陶磁器好きのコレクション。気軽にコメント等 残していただけると幸いです。


by minasamlingar