NEW POST

スウェーデンの部屋: 70年代

f0237712_22242922.jpg
情報の鮮度は落ちていますが、昨年夏に訪れたスウェーデンのデザイン見本市「FORMEX」での様子を 数回に分けてご紹介します。「1970年代の室内の様子を1枚の写真で表わすとしたら」FORMEXの企画チームが、現在手に入るヴィンテージ/現行品をミックスしながら70年代のダイニングルームを再現しました。

60年代と70年代が入り混じっているようにも思われますが「おおらかに」見るのがよいかな。(笑) 部屋全体の色遣いとしてはハッピーな60年代のポップさが前面に出ているでしょ。70年代だったら、オレンジやブラウンの重めの暖色トーンでまとめられていたであろうかと思います。

とはいえ、緑色の花柄の壁紙に水玉模様のピンクのテーブルクロス、床はブライトなオレンジ色…でクドめのコーディネイトはレトロな時代ならでは。しかし、よく見ると段々のケーキスタンドをはじめとするプラスチック製品は現行品だし、床に置いてある缶の入れ物も「Design Torget」で売られているシリーズです。身近にあるもので、時代にテーマを設定してスタイリングする楽しさを教えてくれます。
f0237712_2246295.jpg
壁に貼ってある小さなポスター「Barnledig pappa(育休パパ)」という映画のポスター。スウェーデンで父親の育児休暇取得制度が導入されたのが1974年のこと。今となっては当たり前のことですが、当時は大きな注目を集めたことでしょう。そういう時代背景を踏まえてのポスター。

写真では小さくて分かりづらいですが、パパは青地に、黄色の王冠が水玉のように散らしてあるポロシャツを着ています。これは言わずと知れた、スウェーデンの国旗色。愛国心の強いスウェーデン人は、国旗色の、王冠マーク入りのポロシャツなんか着ちゃったりするのです。70年代に限らず、人によってはいまでも…ね。




楽しんでいただけましたら、クリックで応援をお願いします♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ

[PR]
by minasamlingar | 2011-01-25 23:04 | Others

陶磁器好きのコレクション。気軽にコメント等 残していただけると幸いです。


by minasamlingar