NEW POST

ロシアの器

f0237712_2415174.jpg
今日はちょっと北欧ではなく、ロシアの器の話。ロシアも場所によっては「欧州の北に位置する」と考えれば、広い意味での「北欧」の仲間入りできるかな? 特にヨーロッパ色の強いサンクトペテルブルグなどは…。

さて、こちらはロシアのRussian Imperial (Lomonosov) Porcelain / ロモノーソフの器です。日本ではロモノーソフという名称が一般に通用していますが、ロシアではImperial Porcelainと言わなくてはあまり通じません。この窯ではCobalt Netと呼ばれるシリーズが1番の看板シリーズではあるのですが、私が好きなのはForget me not / 勿忘草シリーズ。

手作業による緻密な連続スカラップ模様は青の自然な濃淡が美しく、そこへ金彩による雫型の装飾もよいアクセントになっています。金彩が施されることによって、サンクトペテルブルグの華麗な「Imperial = 帝国」の名にふさわしい作品に仕上がっているような、そんな気がします。Cobalt Netもそうですが、華やかではあるけれど色数が少ないので、それほどクドイ感もなく、飽きずに永く愛用できるものではないかと思います。
f0237712_23485459.jpg
ところでこの器、単なるお皿のように見えて、実は違います。足付きの器、コンポートと呼ばれるものです。収納には場所を取りますが、お菓子をこうして高い位置にディスプレイすることによって、テーブル上で高低差が生まれて場が締まるような気がして私は気に入っています。それに、コンポートだけをテーブルや、コンソールなどのスペースに置いていつでも手軽につまめる「おやつスペース」を設けるにはこれ以上の適役はありません。そんな訳で、近ごろはこのコンポートは殆ど出しっぱなしで、日替わりでお菓子を載せています。本当は、目に付くところにお菓子を置くのって、ダイエットをしたいと少しでも思うのならタブーなんですけれど…。


次回は、お隣に写っているカップのお話。



楽しんで頂けましたら、クリックで応援をお願いします♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ

[PR]
by minasamlingar | 2012-06-17 17:41 | Others

陶磁器好きのコレクション。気軽にコメント等 残していただけると幸いです。


by minasamlingar